三島浩一[ 経営者 /経営コンサルタント]

肩書き
代表取締役
電話番号
定休日
メディア出演など
・部下の仕事、見える化でノー残業 社長自ら副業 (日本経済新聞) ・ひとりが複数の場で活躍できる社会に(大阪産業創造館) 主な著書 『業務効率を格段にあげる「チームToDo」という発想: メールソフト『Outlook』、クラウドサービス『Team ToDo』の解説付き Kindle版』

明日からできる、すぐに成果が出る働き方改革

新卒で入社したパナソニックの販売会社で15年間勤務。
デジタルアーツ株式会社(東証一部上場)にヘッドハントされ37歳で転職。
関西営業所長として5年勤務した後、外資系IT企業のEMC(現:Dell EMC)の日本法人に転職。
3年間勤務して独立し、2013年8月にactuarise株式会社を設立。
2015年にテレワークICT協議会を立ち上げ、副会長として全国で講演を行っている。
2016年に電子書籍「業務効率を格段にあげるチームToDoという発想」を出版。
2017年に株式会社ワークライフバランスの認定コンサルタントとなる。

幼少の頃より祖母の勧めで三味線を習い、23歳で藤本流三味線の師範を拝受
本業のIT企業社長と副業の三味線師匠の2つの職業を兼務

上方落語家の月亭天使師匠の指導により高座名「矢目問亭残業(やめといていざんぎょう)」で自ら創作した働き方改革落語を演じている。

〈主な講演テーマ〉
・テレワーク
・ワークライフバランス
・副業/兼業

講演テーマ

テレワーク

時間と場所にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークは介護離職対策として注目されています。
テレワーク制度を成功させるためには運用ルールの徹底と適切なITツールの活用が必要です。
事例から学べる導入のポイントや生産性を上げる秘訣をお伝えします。

ワークライフバランス

今までどおり長時間労働を前提にした働き方では、これからの企業の成長戦略は描けません。
それには社員ひとりひとりがムダな仕事を見つけ出す意識とやめる決断が大切です。明日からできる、
すぐに成果が出る方法について、皆さん自身に考えて頂く働き方改革をサポートします。

副業/兼業

社員が副業をすることで知見が広がり、本業に良い効果をもたらす効果も期待できます。
また他社の優秀な人材を副業で採用するチャンスにもつながります。
副業と本業の相乗効果を上げている自らの実体験を基にメリットと注意点をお話します。

講師情報

講師名三島浩一
カテゴリ [経営者][経営コンサルタント]
肩書き代表取締役
経歴1968年 大阪府高槻市生まれ
1987年 大阪府立高槻北高等学校卒業
1991年 大阪学院大学卒業
1991年-2006年 関西松下システム株式会社
        松下電器産業株式会社
        パナソニックSSマーケティング株式会社
2006年 デジタルアーツ株式会社に転職
2011年 EMCジャパン株式会社に転職
2013年 actuarise株式会社を設立
ホームページURLhttps://www.actuarise.co.jp/
メディア出演など・部下の仕事、見える化でノー残業 社長自ら副業 (日本経済新聞)
・ひとりが複数の場で活躍できる社会に(大阪産業創造館)

主な著書
『業務効率を格段にあげる「チームToDo」という発想: メールソフト『Outlook』、クラウドサービス『Team ToDo』の解説付き Kindle版』