中西 崇文[ 教育者]

肩書き
武蔵野大学 データサイエンス学部 准教授, 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員, デジタルハリウッド大学大学院客員教授, データサイエンティスト, 博士(工学)
メディア出演など

私は、データマイニング、感性情報処理、意味・文脈処理技術などをコアとして、メディアコンテンツの認識、創造のエコシステムの実現、ビッグデータによる意思決定のためのフレームワーク構築、意思決定及び合意形成のプロセス解明について基礎研究、応用研究を行っています。
近年、注目されている、ビッグデータ、人工知能の本質は、ビッグデータによってシステムを構成し、その分析結果から最適な「意思決定」を行うことにあります。
私は、蓄積され続けるデータを対象として「意思決定」が可能な知見を導き出すデータマイニング手法の研究・開発を行っています。
これらを通じて、人間の創造性を高めるデータエコシステムを実現するだけでなく、人間の「意思決定」「合意形成」プロセスのデータによる解明と実現、さらには人間の知識創造を科学することを目指します。

講師情報

講師名中西 崇文
カテゴリ [教育者]
肩書き武蔵野大学 データサイエンス学部 准教授, 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員, デジタルハリウッド大学大学院客員教授, データサイエンティスト, 博士(工学)
経歴1978年、三重県伊勢市生まれ。
2006年3月、筑波大学大学院システム情報工学研究科にて博士(工学)の学位取得。2006年より情報通信研究機構にてナレッジクラスタシステムの研究開発等に従事。2014年4月より国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授・主任研究員、テキストマイニング、データマイニング手法の研究開発に従事。2018年4月より現職。

現在、機械学習などをはじめとする人工知能技術をコアとしたシステムの研究開発やそれらのビジネス、サービスの立ち上げを目的とした企業連携研究プロジェクトを多数推進中。

総務省「AIネットワーク社会推進会議」構成員、経済産業省 「流通・物流分野における情報の利活用に関する研究会」委員、総務省「ICTインテリジェント化影響評価検討会議」構成員、等歴任。

専門は、データマイニング、ビッグデータ分析システム、統合データベース、感性情報処理、メディアコンテンツ分析など。

著書に『スマートデータ・イノベーション』(翔泳社)、「シンギュラリティは怖くない:ちょっと落ちついて人工知能について考えよう」(草思社)などがある。
ホームページURLhttp://www.glocom.ac.jp/researchfellows/takafumi_nakanishi
主な著書『スマートデータ・イノベーション』(翔泳社)、「シンギュラリティは怖くない:ちょっと落ちついて人工知能について考えよう」(草思社)