桂 七福[ 教育者 /芸能人・タレント /司会者]

肩書き
落語家 上方落語 日本落語力活用研究会代表
電話番号
定休日
メディア出演など
CD:「らくご・ごーごー」「落語の得盛」「噺~はなし~」「お笑い人権高座」 DVD:「人権落語口演会~笑いの中に何かが見える~」

講演講師としての「落語家・桂七福」

落語家の講演ですので笑いながらお聴きいただけるのが大切だと考えております。
笑の中にも「気づき」や「学び」がたくさんにあります。
特に人権講演の場合、「言葉の大切さ」を大きな柱としています。
たった一言で、相手に一生涯の深い傷を負わせることもあれば、たった一言でも相手が一生涯の支えとする言葉もあります。
私の話を聴いて下さった後に「身近な人ともっともっと話をしてみたいな」となっていただけると思います。
笑と健康。笑う事での朗らかな効果。
そして、日常会話のちょっとしたアドバイス。
私の、落語家の弟子としての師匠への失敗談などを笑いながらお聴きになって、ご自身の「気づき」を感じて下さい。

講演テーマは、

人権
男女共同参画
LGBTへの理解啓発
福祉
健康
生涯学習
いきがい
教育
子育て
悪質商法への対処 
笑いの効能
コミュニケーション
会話術
ヒヤリハット防止
地域活性化

など、多種多様です。
ご要望の主旨を盛り込んでの講演構成も可能です。

プロフィール

講演講師としての「落語家・桂七福」

落語家の講演ですので笑いながらお聴きいただけるのが大切だと考えております。
笑の中にも「気づき」や「学び」がたくさんにあります。
特に人権講演の場合、「言葉の大切さ」を大きな柱としています。
たった一言で、相手に一生涯の深い傷を負わせることもあれば、たった一言でも相手が一生涯の支えとする言葉もあります。
私の話を聴いて下さった後に「身近な人ともっともっと話をしてみたいな」となっていただけると思います。
笑と健康。笑う事での朗らかな効果。
そして、日常会話のちょっとしたアドバイス。
私の、落語家の弟子としての師匠への失敗談などを笑いながらお聴きになって、ご自身の「気づき」を感じて下さい。

さらに見る


他講師との違い

ここがポイント落語家としての講演

難しそうなテーマを分かりやすく。
そして、笑いを盛り込みながら、和やかで朗らかな中にも「気づき」と「学び」を。
これを信念に講演活動を続けています。

講演テーマ

「心を動かす人権落語 ~気づけば高まる人権意識~」

迷いが多い子ども達にとって、
「たった一言で相手の心に生涯残る傷を負わすこともあります。
 そして、たった一言でも相手の心を一生涯支える力をプレゼントすることもできる」
こういうメッセージを贈りたいのです。

身近では「笑い」もそうです。
弱者をからかっての笑いが本当の笑いなのかどうかということも、真正面から訴える必要性が大きいと思っています。

ぜひとも、保護者のみなさんが、みんな一緒に聴いて、体験して欲しいです。

「生き抜いて欲しい」と一生懸命に願ってのお話です。

「落語界の師弟関係~世間話のスキルアップ~」

職場研修講演会行事に大変に有益です。
タイトルや詳細説明には「小難しい事」を記しておりますが、要は「落語家の弟子時代の失敗談などを楽しみながら、みなさんのコミュニケーションのプラス思考につなげて下さい」ということです。
楽しい時間を共有しませんか?
笑ながらの気づきや学びを感じて下さい。

「笑いは心の深呼吸~あなたの笑顔が心の健康へ~」

 誰しも笑顔のたくさんある人生がいいですよね。親しい人や身近な人には笑顔でいて欲しいですよね。みんなが願うことじゃないでしょうか?
 笑うということと心と体の健康には深いつながりがあるようです。
 その笑うきっかけをお客さんに増幅させてもらえるように落語家はいろいろなテクニックと言葉のトリックを使います。その技は、とりたてて難しいものは少ないんです。ちょっとしたことっていうものが多いのです。

講演・セミナー情報

「気づけば高まる人権意識 ~まずは日ごろの会話から~」

「たった一言で相手の心に生涯残る傷を負わすこともあります。
そして、たった一言でも相手の心を一生涯支える力をプレゼントすることもできる」
こういうメッセージを贈りたいのです。

桂 七福

[ 教育者 /芸能人・タレント /司会者 ]

肩書き:落語家 上方落語 日本落語力活用研究会代表

有効期限

「落語界の師弟関係」
~会話スキルとモチベーションアップ~

落語家は師弟の関係の中で、多くのテクニックを学びます。
そのほとんどが「なんだ、そんな事か」というようなものです。
そんな「少しのアドバイス」からのみなさまのスキルアップになってくださればいいですね。

桂 七福

[ 教育者 /芸能人・タレント /司会者 ]

肩書き:落語家 上方落語 日本落語力活用研究会代表

有効期限

「笑顔こそ人と人との潤滑油」
「笑顔で広がる心のつながり」

笑顔は相手の気持ちを和ませますし、自分の心も朗らかになります。仕事上・付き合い上の愛想笑いで疲れを感じると、笑顔にも苦しくなりますね。そばに居る人と本当の笑顔で話せたら、その笑顔はきっと広がります。

桂 七福

[ 教育者 /芸能人・タレント /司会者 ]

肩書き:落語家 上方落語 日本落語力活用研究会代表

有効期限

講師情報

講師名桂 七福
カテゴリ [教育者][芸能人・タレント][司会者]
住所徳島県徳島市川内町平石若宮65の9
肩書き落語家 上方落語 日本落語力活用研究会代表
経歴1965年 徳島県三好郡三加茂町に生まれる。
1985年 国立阿南工業高等専門学校機械化卒業。
     在学中、落語研究部の部長として活動。
1985年 徳島県内精密機械メーカー勤務
1990年 上方落語 桂福団治に入門。
     作家・藤本義一氏の命名で「七福」となる。
1991年 上方落語協会・関西演芸協会・文化庁芸団協の3団体の正式会員となる。
1997年 故郷・徳島県へUターン。出身地にこだわりを持って、再出発を決意。
2001年 平成13・14年度徳島県人権・同和問題啓発広報番組のメインパーソナリティーとして採用される。
2003年 NHK放送総局長賞受賞。
2006年 徳島県観光協会理事に就任(任期3年を2期勤めて自主退任)。
2010年 学校・教育現場で「命」を考える「つながる講演会」活動が朝日新聞にて紹介。
2010年 朝日新聞・天声人語にて「未来へ繋げたい想い」として桂七福の人権講演が取り上げられる。
2011年 アメリカ・ニューヨークの日本人学校3校にて、教育・人権・命・希望をテーマに講演。
2015年 ドイツ国内6カ所の日本人学校にて講演。
ホームページURLhttp://ww8.tiki.ne.jp/~shichifuku/
URLhttp://twitter.com/k_0729
URLhttp://www.facebook.com/shichifuku.katsura
メディア出演などCD:「らくご・ごーごー」「落語の得盛」「噺~はなし~」「お笑い人権高座」
DVD:「人権落語口演会~笑いの中に何かが見える~」