新田 龍[ 経営者 /評論家・ジャーナリスト /人材育成コンサルタント]

肩書き
働き方改革総合研究所株式会社 代表取締役/ブラック企業アナリスト
メディア出演など
【テレビ・ラジオ】 ・フジテレビ「さんまのホンマでっか!?TV」「とくダネ!」「ノンストップ!」「ホウドウキョク」 ・テレビ朝日「ワイドスクランブル」「モーニングバード!」 ・TBS 「Nスタ」  ・BS-TBS 「ホンネDEジャパン」 ・テレビ東京「TOKYOマヨカラ!」「田勢康弘の週刊ニュース新書」「ワールドビジネスサテライト」「就活必勝虎の巻~MAKE MIRAI PROJECT~」 ・テレビ大阪「たかじんNOマネー」 ・NHK総合「おはよう日本」「首都圏ネットワーク」「週刊ニュース深読み」 ・NHK教育「オトナへのトビラTV」「ハートネットTV」 ・NHKラジオ第一「イクメンが世の中を変える」 ・J-WAVE「ラジペディア」ほか 【映画】 ・「ブラック会社に勤めてるんだが、俺はもう限界かもしれない」公式応援メンバー 【新聞・雑誌】 ・「読売新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」「産経新聞」「日本経済新聞」「PRESIDENT」「PRESIDENT woman」「AERA」「週刊現代」「週刊東洋経済」「日経ビジネス」「日経Woman」「日経ビジネスアソシエ」「THE21」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「週刊SPA!」「CIRCUS」「サイゾー」「FRIDAY「MONOQLO」「BIG tomorrow」「月刊人事マネジメント」「先見労務管理」「Ambitious!」「キャリアガイダンス」「BAILA」「月刊Liberty」「B-ing」「R25」「L25」「R17」ほか 【インターネット】 ・「Yahoo!ニュース」「J-CASTニュース」「livedoorニュース」「mixiニュース」「COBSニュース」「ダイヤモンド・オンライン」「日経ビジネスオンライン」「現代ビジネス」「イーキャリア」「All About」「ASCII.jp」「excite」「ZDNET」「リクナビNEXT」「Web an」ほか、記事掲載多数

「顧客」「従業員」「地域社会」から応援される会社であるために必要なエッセンスをお伝えし、今日から定着して頂きます。

長時間労働、厳しいプレッシャー、低賃金… 劣悪な労働環境で従業員を使い潰すような企業は総称して「ブラック企業」と呼ばれます。悪意をもって運営されている企業は撲滅しなくてはなりませんが、実はブラック企業におけるマネジメントやコミュニケーションは、他山の石として学べることが意外と多いのです。

講師・新田龍が早稲田大学卒業後、新卒で入社した成長企業は世間から「ブラック企業」と呼ばれていました。1日20時間のハードワークと、常にプレッシャーやスピードとの戦いでしたが、志望であった事業企画職を任され、経験実績を積むことができました。

その過程の中で、職位も平社員からリーダー、マネジャー、事業部長、役員を歴任し、立場と視点の違いを痛感しました。また、「ハードワークでプレッシャーのある環境でも、社員がやる気に溢れ、モチベーション高く働いている組織」や「人気も知名度もないはずの業種・規模の会社なのに、応募者が殺到し、かつ人が辞めない会社」にまつわる共通点も体感しつつ見出しました。

新田龍の講演・研修においては、制限がある環境や困難な状況においても、独自の工夫を凝らしてビジネスを成功させている会社の秘訣を事例とともにお伝えします。特段難易度が高いものはなく、今日から実績できることばかり。ぜひ日々のビジネスで活かし、「顧客」「従業員」「地域社会」から応援される会社になりましょう。

他講師との違い

ここがポイント「ダメ社員」目線で、無理なく実践できるメッセージ

講師・新田龍は、就業当初なかなか成果が出ずに苦労しましたが、地道な努力を継続することで社内トップの営業成績を挙げることもできるようになり、大手ポータルサイトにおける全国コンサルタントランキングで日本一(860人中1位)を獲得するまでになりました。

職位も平社員からリーダー、マネジャー、事業部長、役員を歴任しておりますので、部下・上司双方の気持ちや立場を踏まえた上で、無理なく実践できるノウハウやアクションについてお伝えできます。

ここがポイント厚生労働省プロジェクト推進委員としての、最先端の知見

講師・新田龍は、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員として、国の男女共同参画、女性活躍推進に関わっています。

共同参画に成功した企業の豊富な事例に触れると共に、全国の労働局職員の皆さまへの研修と情報共有を通じて、労働行政の要点を把握しておりますので、実践的なアドバイスが可能です。

ここがポイント「ブラック企業」にまつわる、豊富な問題解決実績

講師・新田龍は、日本で唯一の「ブラック企業問題の専門家」として、豊富な知見と問題解決実績、およびメディアネットワークを保持しております。

ブラック企業相手のトラブルや違法行為への対処方法のアドバイス、自社がブラック企業にならないための組織改革や仕組み作りにまつわるコンサルティングを手掛けているのみならず、成功事例はメディアで報道することも可能です。

講師情報

講師名新田 龍
カテゴリ [経営者][評論家・ジャーナリスト][人材育成コンサルタント]
肩書き働き方改革総合研究所株式会社 代表取締役/ブラック企業アナリスト
経歴学歴
1999年 3月 早稲田大学政治経済学部卒業
主な職歴
1999年4月 株式会社グッドウィル 入社 
      事業企画部門、営業管理職等を歴任
2001年3月 株式会社インテリジェンス 入社
      コンサルタント、新卒採用担当等を歴任
2007年5月 働き方改革総合研究所株式会社 設立
2013年5月 厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員就任
ホームページURLhttp://viebeata.com
メディア出演など【テレビ・ラジオ】
・フジテレビ「さんまのホンマでっか!?TV」「とくダネ!」「ノンストップ!」「ホウドウキョク」
・テレビ朝日「ワイドスクランブル」「モーニングバード!」
・TBS 「Nスタ」 
・BS-TBS 「ホンネDEジャパン」
・テレビ東京「TOKYOマヨカラ!」「田勢康弘の週刊ニュース新書」「ワールドビジネスサテライト」「就活必勝虎の巻~MAKE MIRAI PROJECT~」
・テレビ大阪「たかじんNOマネー」
・NHK総合「おはよう日本」「首都圏ネットワーク」「週刊ニュース深読み」
・NHK教育「オトナへのトビラTV」「ハートネットTV」
・NHKラジオ第一「イクメンが世の中を変える」
・J-WAVE「ラジペディア」ほか

【映画】
・「ブラック会社に勤めてるんだが、俺はもう限界かもしれない」公式応援メンバー

【新聞・雑誌】
・「読売新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」「産経新聞」「日本経済新聞」「PRESIDENT」「PRESIDENT woman」「AERA」「週刊現代」「週刊東洋経済」「日経ビジネス」「日経Woman」「日経ビジネスアソシエ」「THE21」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「週刊SPA!」「CIRCUS」「サイゾー」「FRIDAY「MONOQLO」「BIG tomorrow」「月刊人事マネジメント」「先見労務管理」「Ambitious!」「キャリアガイダンス」「BAILA」「月刊Liberty」「B-ing」「R25」「L25」「R17」ほか

【インターネット】
・「Yahoo!ニュース」「J-CASTニュース」「livedoorニュース」「mixiニュース」「COBSニュース」「ダイヤモンド・オンライン」「日経ビジネスオンライン」「現代ビジネス」「イーキャリア」「All About」「ASCII.jp」「excite」「ZDNET」「リクナビNEXT」「Web an」ほか、記事掲載多数