社納 博幸[ 経営コンサルタント]

肩書き
防災アドバイザー
メディア出演など
シルバー新報

元ホテルマンの防災士が「本当の安全・安心」を教えます

近年、台風や大雨による水害や地震などの災害が多発しています。また、都市化によりその災害が複雑化してきています。
さらにライフスタイルや社会も多様化していく中、災害への備えも自分のライフスタイルに合わせた備えをしておかなければなりません。
自分のライフスタイルに合わせた備えをするためには、自分のことだけでなく家族やペット、企業であれば従業員や取引先など、「その人の事を大切に思う気遣いや心配り」で、その人に合わせた災害への備えをしておくことが必要です。
この「 その人の事を大切に思う気遣いや心配り」こそが、多様化するライフスタイルや社会に適した災害への備え方を教えます。

講演テーマ

防災リュックはもう古い、令和の正しい防災を学ぼう

社会が多様化・複雑化している現在、何故か災害の備え方は昔のままです。いつまでも古い知識では、激甚化する災害に対応することができません。防災グッズやサイバイバルグッズを備える前に、防災の正しい知識を学び自分のライフスタイルに合った災害への備え方を考えます。

誰も教えてくれない、本当の避難所生活について

地震が発生したら、非常用持ち出し袋を持って近くの避難所へ・・・
しかし、その後の避難所生活の実態を誰も教えてくれません。事前に避難所のメリット・デメリットを学び、安心して災害後の生活を送るための備え方を考えます。

従業員の命を守る「シナリオ非公開訓練」のススメ

防災訓練が会社行事化していませんか?
訓練がマンネリ化して危機管理意識が低下していませんか?
「シナリオ非公開訓練」は、実際の災害と同じように「いつ」「どこで」「何が起きるか」を知らせずに行う訓練です。「シナリオ非公開訓練」で表面化した課題が実際の災害で発生する問題なのです。従業員の命を守る「シナリオ非公開訓練」について学びます。

講師情報

講師名社納 博幸
カテゴリ [経営コンサルタント]
肩書き防災アドバイザー
経歴京都府京都市出身 滋賀県湖南市在住
資格・防災士
京都ブライトンホテルで25年勤務。
管理部、宿泊部、ホテルブライトンシティ京都山科の支配人を経て、施設管理部で防火・防災・防犯業務担当の支配人としてホテルの安心・安全に取り組む。
「おもてなしの心で災害に備える」をモットーに形式的な講習や訓練に囚われず、机上シミュレーション講習やシナリオ非公開訓練などの実践的な手法で従業員の防災教育にあたり、従業員の危機管理力を飛躍的に向上させることに成功し「目の前のお客様の安全は自分が守る」という意識を従業員に定着させた。
当時のシナリオ非公開訓練の取り組みは、NHK京都放送局で紹介された。
2022年、防災コンサルタントとして独立。
現在は、「避難場所を確認する」「避難経路を確認する」「水や食料を備蓄する」などの一般的な災害の備えだけでなく、災害発生時・災害発生直後・災害発生から72時間と時間経過に沿って予想される課題を明示し、どのように備えを行っていけばよいかを分かりやすく解説しながら、一人一人のライフスタイルに合わせた備え方のヒントをお伝えしています。
防災セミナーや防災訓練の参加者からは、「今まで避難所に行くことしか考えていなかったので、避難所に行ってからの避難所生活を理解することができ本当に良かった」「分かりやすく、多くの気付きがあった」「今までの防災訓練は一体何だったのでしょうか、もう目からウロコでした」など非常に好評を頂いています。
ホームページURLhttps://www.bousaicompany.com
メディア出演などシルバー新報

口コミ

口コミ一覧

従業員のセカンドライフプランのための年金のお話をしていただきました。経験豊富で実際の事例を話しながら解説していただいたの … 続きを読む

橋本 裕介

兵庫県芦屋市西蔵町11-14-2

「受講料は無料です。その代わり、地元のおいしいごはん食べさせてください。」そして、本当に、名古屋から長崎まで自腹でやって … 続きを読む

日向 崇文

北海道

日向さんのセミナーを聞いて、今までの自分の常識がガラッと変わりました。大変面白いお話で、あっという間に時間が過ぎ、沢山の … 続きを読む

日向 崇文

北海道

掲載講師募集中

サイトニュース

2016.6.21
講演依頼ナビDXをリニューアルしました!