江田 健二[ 経営者 /経営コンサルタント]

肩書き
RAUL株式会社 代表取締役社長 一般社団法人エネルギー情報センター理事 一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事 環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション促進委員会委員(2018-2019)
メディア出演など
日本テレビ「スッキリ」。 Yahoo!公式コメンテーター。『週刊東洋経済』(東洋経済新報社)、『エネルギーフォーラム』(エネルギーフォーラム)、『ENERGYeye』(ヴィズオンプレス)、『幻冬舎ゴールドオンライン』(幻冬舎)、『地球温暖化』(日報ビジネス)、『公研』(公益産業研究調査会)『CEL』(大阪ガス株式会社エネルギー・文化研究所)、『研究開発リーダー』(技術情報協会)、『月刊Newsがわかる』(毎日新聞出版)、『TRONWARE』(パーソナルメディア) 他

「エネルギー×デジタル」の未来を見つめる

富山県砺波市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。東京大学EMP終了。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカー等のプロジェクト等に参画。2005年同社を退社後、 ITコンサルティング、エネルギー業界の知識を活かし、RAUL株式会社を設立。一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事も務めている。
「環境・エネルギーに関する情報を客観的にわかりやすくつたえること」「デジタルテクノロジーと環境・エネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること」を目的に執筆や講演活動などを行う。

講演テーマ

今こそ知りたい!脱炭素経営

「脱炭素化」の流れが世界的に加速している中で、日本でも菅首相が「脱炭素社会の実現を目指す」ことを表明し、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが加速しています。大企業がサプライチェーンにおける排出量削減を求めることで、中小企業も含めた脱炭素経営の重要性が増しています。本講演では、脱炭素社会に向けた世界の潮流から日本の現状、企業の取り組み事例などを専門家の視点から解説し、企業の脱炭素経営を後押しします。

循環型社会を実現するクリーンエネルギー事業の動向

世界的な脱炭素の潮流や再生可能エネルギー導入拡大など、循環型社会への移行には環境負荷の低減をめざした地域のエネルギーマネージメントが不可欠です。加えて「SDGsビジネス」がエネルギー分野において急速な広がりを見せ始めています。再生可能エネルギー、移動・物流、製造、建物・都市の4つの分野においてIoT、センシング、AI、クラウド、5G、蓄電池技術などのデジタル技術の活用の現状及び最新動向を解説します。

エネルギーの未来を考えよう!

毎日利用し、日々の生活になくてはならないエネルギー。近年開発されている新しいエネルギー技術から、エネルギーの未来を考えます。わかりやすい言葉で説明するので、子供からお年寄りまでが楽しく学べる講演です。

<講演内容例>
・時代と共に新しい発電方法が生まれている
・多くのエネルギーを利用することで人々の生活はとても豊かになった
・エネルギーを豊富に使い、生活を豊かにしていくには助け合いが大切
・他の国よりも先に豊かになった日本ができることは多い
・日本の優れた技術を世界中に広めることで実現に一歩近づく 等

講師情報

講師名江田 健二
カテゴリ [経営者][経営コンサルタント]
肩書きRAUL株式会社 代表取締役社長 一般社団法人エネルギー情報センター理事 一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事 環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション促進委員会委員(2018-2019)
経歴富山県砺波市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。東京大学EMP終了。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカー等のプロジェクト等に参画。2005年同社を退社後、 ITコンサルティング、エネルギー業界の知識を活かし、RAUL株式会社を設立。一般社団法人エネルギー情報センター理事、一般社団法人サステナビリティコミュニケーション協会理事も務めている。Yahooニュース公式コメンテーター。
ホームページURLhttps://www.ra-ul.com/
URLhttps://twitter.com/kenji__eda
メディア出演など日本テレビ「スッキリ」。 Yahoo!公式コメンテーター。『週刊東洋経済』(東洋経済新報社)、『エネルギーフォーラム』(エネルギーフォーラム)、『ENERGYeye』(ヴィズオンプレス)、『幻冬舎ゴールドオンライン』(幻冬舎)、『地球温暖化』(日報ビジネス)、『公研』(公益産業研究調査会)『CEL』(大阪ガス株式会社エネルギー・文化研究所)、『研究開発リーダー』(技術情報協会)、『月刊Newsがわかる』(毎日新聞出版)、『TRONWARE』(パーソナルメディア) 他
主な著書『2025年「脱炭素」のリアルチャンス すべての業界を襲う大変化に乗り遅れるな!』、『2時間でわかる 蓄電池ビジネスの未来』、『「脱炭素化」はとまらない!―未来を描くビジネスのヒント』、『エネルギーデジタル化の最前線2020』、『かんたん解説!! 1時間でわかる バイオマスエネルギー入門』、『かんたん解説!! 1時間でわかる 水力・波力発電入門』、『ブロックチェーン×エネルギービジネス―世界の51事例から予見する』、『かんたん解説!! 1時間でわかる 太陽光発電ビジネス入門』、『かんたん解説!! 1時間でわかる ガス自由化入門』、『エネルギー自由化は「金のなる木」』、『エネルギーデジタル化の未来』 他

口コミ

口コミ一覧

従業員のセカンドライフプランのための年金のお話をしていただきました。経験豊富で実際の事例を話しながら解説していただいたの … 続きを読む

橋本 裕介

兵庫県芦屋市西蔵町11-14-2

「受講料は無料です。その代わり、地元のおいしいごはん食べさせてください。」そして、本当に、名古屋から長崎まで自腹でやって … 続きを読む

日向 崇文

北海道

日向さんのセミナーを聞いて、今までの自分の常識がガラッと変わりました。大変面白いお話で、あっという間に時間が過ぎ、沢山の … 続きを読む

日向 崇文

北海道

掲載講師募集中

サイトニュース

2016.6.21
講演依頼ナビDXをリニューアルしました!