壱太郎[ 芸能人・タレント /歌手・演奏家・音楽]

肩書き
和太鼓パフォーマー
メディア出演など

海外経験に基づくユニークな講演

太鼓奏者になる経緯や、グループで培った教育方法
ソロになって自由に世界中を回るようになって気付いた日本の良い所悪い所をエピソードとともにお伝えします!
各国の音楽家に教わったことなど、世界を駆けまわっていたからこそ話せるお話がそこにはある。

ギャラリー

和太鼓パフォーマー 壱太郎5

リトアニアでの現地ミュージシャンとの共演の様子

和太鼓パフォーマー 壱太郎4

和太鼓練習曲の授業

和太鼓パフォーマー 壱太郎3

オスロでのワークショップの様子



さらに見る


Ichitaro at Hiyoshit

様々な異なるジャンルの音楽家とコラボレーションでした。このような場でこそ音楽的にも人間的にも磨かれるチャンス。舞台の企画から準備、演奏、かたずけ
まで、すべて糧となり学ぶことが大いにあります。

他講師との違い

ここがポイント講演+太鼓の演奏がある

様々なジャンルの音楽家と共演し学んできたことをお話させていただく、意外に太鼓の演奏があります。太鼓の演奏だけでも観る価値があります。

講師情報

講師名壱太郎
カテゴリ [芸能人・タレント][歌手・演奏家・音楽]
肩書き和太鼓パフォーマー
経歴三重県桑名市出身。1990年 鬼太鼓座(おんでこざ)に入座し、座の創設者、田耕(でんたがやす)氏に師事。同年から1993年まで、アメリカ大陸一周ツアー15,000㎞を走破。その間4回のカーネギーホール公演を含め、全米の主要都市にて約500回の公演を行う。その後、座の中心的メンバーとして国内はもとより世界各地で2,000回以上の舞台を務める。
2004年 鬼太鼓座より独立、ソロ活動に入る。2006年東京文化会館でのソロコンサートを皮切りに、毎年海外遠征を行いヨーロッパ、中東、アフリカ、北米、南米で高い評価を得る。
2015年「東久邇宮文化褒章」を受章。同年7~8月南米、キト、リマ、リオディジャネイロにて、オーケストラに和太鼓のソリストとして招かれ、指揮者「西本智実」と共演。
以降ヨーロッパにも拠点を置き、活動中。圧倒的な演奏と柔軟な音楽性で各国とのミュージシャンとの共演で絶賛を受ける。演奏以外にも横浜を拠点に太鼓の教室を展開し、子供から年配者まで的確で優しい指導には定評がある。
ホームページURLhttps://www.ichitarojapan.com/

口コミ

口コミ一覧

従業員のセカンドライフプランのための年金のお話をしていただきました。経験豊富で実際の事例を話しながら解説していただいたの … 続きを読む

橋本 裕介

兵庫県

「受講料は無料です。その代わり、地元のおいしいごはん食べさせてください。」そして、本当に、名古屋から長崎まで自腹でやって … 続きを読む

日向 崇文

北海道

日向さんのセミナーを聞いて、今までの自分の常識がガラッと変わりました。大変面白いお話で、あっという間に時間が過ぎ、沢山の … 続きを読む

日向 崇文

北海道

掲載講師募集中

サイトニュース

2016.6.21
講演依頼ナビDXをリニューアルしました!