竹下 幸喜[ 教育者 /人材育成コンサルタント]

肩書き
ほめる教育研究所 代表
メディア出演など
《竹下幸喜の企業研修の実績(他多数)》 BUNコーポレーション、ミスタードーナツFC共同体、東京官公学生服、ポーラ化粧品、グリーンコープ共同体、大分合同新聞社、南部自動車学校、日清医療食品、ゴールドプランニング、シアーズホーム、佳秀工業、I’mテナント会、フジファミリーフーズ、広島電鉄、西部ガス、電信電話ユーザー協会、JA大分中央会、大分県庁、大分市役所 等(順不同・敬称略)

「ほめる文化」を組織に定着させ、「心の働き方改革」を推進します。

ほめる教育研究所 代表 
福岡大学大学院卒業後、中学体育教師として“ほめる指導”で生徒の人間力成長に注力。その20年間の経験を基に「ほめる教育研究所」を立ち上げ、「ほめる」「チームビルディング」をキーワードにした人材育成・組織活性化の企業研修や教育講演会を実施。好評を得ている。現在、毎年200件の研修・講演の実績がある。

竹下幸喜 講演ダイジェスト動画

「ほめる」とは心の底から相手の良さを見出し伝えること。「ほめる」とは「価値を発見する」こと。90分があっという間!一度聴いたら忘れられない ほめる教育研究所 竹下幸喜の講演のダイジェスト動画です。

講演・セミナー情報

「ほめる文化」を組織に定着させ、
「心の働き方改革」を推進!

「ほめる文化」が組織に定着すると、モノが言いやすくなり、職場の雰囲気が明るくなります。幸せな気持ちで働く社員さんが生み出す商品やサービスは、お客様の心に刺さります。離職率も下がります。

竹下 幸喜

[ 教育者 /人材育成コンサルタント ]

肩書き:ほめる教育研究所 代表

有効期限

人と組織を活性化させる「ほめ達」の極意!

「ほめる」とは、目の前の人やモノ、起きる出来事の「価値を発見する」こと。「ほめる」について学び、実践し・習慣化するためのステップ・課題を明確にするセミナーです。

竹下 幸喜

[ 教育者 /人材育成コンサルタント ]

肩書き:ほめる教育研究所 代表

有効期限

講師情報

講師名竹下 幸喜
カテゴリ [教育者][人材育成コンサルタント]
肩書きほめる教育研究所 代表
経歴〇1967年生まれ。中学時代、陸上部に所属。
キングオブアスリートと呼ばれる混成競技(3種競技A)で全国優勝を果たす。
〇福岡大学大学院卒業後、かねてからの夢である中学体育教師となる。部活指導中、ある生徒の指導をきっかけに、ほめる指導の効果に気づく。ほめて、認めて、励ます指導で、チームは総合優勝4回、全国駅伝大会出場と急成長。全国レベルの選手を育てる。                     〇学校では、生活指導を担当。叱る中にもほめる指導で、生徒の心と人間力の成長に力を注いだ。子どもたちだけではなく、大人にこそほめる効果を知ってもらいたいと、平成26年に20年勤めた教員を退職。
〇現在、その20年間の経験を基に「ほめる教育研究所」を立ち上げ、「ほめる」「チームビルディング」をキーワードにした人材育成・組織活性化の企業研修や教育講演会を実施し、好評を得ている。現在、毎年200件の研修・講演の実績がある。

ホームページURLhttp://homeru-kyouiku.com
URLhttps://www.youtube.com/channel/UC8wWl23IjTe8CaeZy4F1F3w
URLhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100007190130347
URLhttps://ameblo.jp/koki1009win
メディア出演など《竹下幸喜の企業研修の実績(他多数)》
BUNコーポレーション、ミスタードーナツFC共同体、東京官公学生服、ポーラ化粧品、グリーンコープ共同体、大分合同新聞社、南部自動車学校、日清医療食品、ゴールドプランニング、シアーズホーム、佳秀工業、I’mテナント会、フジファミリーフーズ、広島電鉄、西部ガス、電信電話ユーザー協会、JA大分中央会、大分県庁、大分市役所 等(順不同・敬称略)